音楽評論家 大伴良則の音楽のまんよう

大伴良則 (OTOMO YOSHINORI )

プロフィール

大伴良則の写真

1948年12月生まれ。兵庫県出身。
1975年から雑誌などで音楽評論活動を始める。
FMラジオの構成作家としても活躍。
ホームページ『音楽のまんよう』で音楽エッセイを連載中。

最近のアルバム解説(ライナーノーツ)はこちら

▲PAGE TOP

最近の活動

『クロスオーバーイレブン 2019 夏』(NHK-FM) で選曲します。
2019年8月15日(木)~16日(金)  PM11:00~AM0:00



『【ウォルター・ベッカー追悼企画】スティーリー・ダン徹底解説&座談会〜”音の魔術師”を語ろう』 に出演します。
2017年9月18日(月)開場:17:45 開演:18:00 会場:楽器カフェ


ハイレゾレコパルでNaturaRhythm(ナチュラリズム)を紹介しています。





■アメリカジャズ界注目のL.A.在住ピアニスト・コンポーザーの関根弘江の日本デビューアルバム「One World One Sun」のライナーノーツを執筆。

  •  世界各地の情景をジャズに織りなした
     意欲作。
     関根弘江のメジャーデビュー盤。
     スタープレーヤーが大集合!

▲PAGE TOP

経歴

Year
1972 『VIVA』(徳間書店)の編集アシスタントを務める。
『宝島』(宝島社)、『ミュージック・ライフ』(新興楽譜出版)などで執筆を始める。
1973 『ADLIB』(スウィングジャーナル社) で執筆を行う。
FM番組の構成、台本執筆、DJ(ナヴィゲーター)なども開始する。
1974 『FMレコパル』、『サウンドパル』(小学館)で執筆を行う。(~1994年)
1980 『クロスオーバーイレヴン』(NHK-FM)にて選曲。(~2001年)
1982 『ロック講談』(NHK-FM)の台本を構成。(~1986年)

1 ジミ・ヘンドリクス         「炎のギターと共に燃え尽きる」
2 ジャニス・ジョプリン        「ロックのシンデレラ、ブルースに眠る」
3 ジム・モリソン           「吟遊の果てのパリに死す」
4 ジョン・レノン           「12月8日、ニューヨークの悲劇」
5 レッド・ツェッペリン        「我らが飛行に悔いなし」
6 オーティス・レディング       「師走の朝、永遠の魂となる」
7 T・レックス&マーク・ボラン    「ロンドンの華、いまだ枯れず」
8 イーグルス            「ロスの青空に翼を閉じて」
9 ディープ・パープル         「紫の炎はのぼる、モントルーの16日」
10 ボブ・マーリィ         「レゲエの風雲児、いまカリブの海に帰る」
11 ドゥービー・ブラザーズ      「バーバンクへの長き道、友は再びゆく」
12 ピンク・フロイド         「いま再び、鋼鉄の風に身を切られて」
13 ボブ・ディラン            「ハイウェイ61の壁を越える日」
14 キング・クリムゾン         「暗黒の宮殿、ただ一度の開門」
15 スティービー・ワンダー      「親の愛こそ誠なれ」
1988 『クロスオーバーイレヴン・パートII』(NHK-FM)にて選曲。(~1997年)
1992 『フィジカル・メンテナンス』(BAY FM)にて構成者、DJ(ナヴィゲーター)として出演。(~1995年)
1994 『ポップス・ステーション』(NHK-FM)に出演。(~1996年)
2001 『サタデー・ホット・リクエスト』(NHK-FM)に出演。(~2010年3月)
2003 『俺タチイジワル系』(FM富士、BAY FM)に構成者、DJ(ナヴィゲーター)として出演。
2009 『真夏の夜の偉人たち』(NHK-FM)に出演。([テーマ]:僕のサンタナを聞いとくれ)
2010 『土曜日レディ』(NHK-FM)に出演(~2013年3月)。
『クロスオーバーイレブン』(NHK-FM) にて選曲(8月16~18日)。
『真冬の夜の偉人たち』(NHK-FM)に出演。([テーマ]:サラ・ブライトマンの底力(そこぢから))
2011 『土曜日レディお正月スペシャル』(NHK-FM)にゲスト出演。
『クロスオーバーイレブン』(NHK-FM) にて選曲(新春、夏)。
2012 『クロスオーバーイレブン』(NHK-FM) にて選曲(新春、夏)。
『いとしのオールディーズ』(NHK第1)に出演。
『とことん○○』(NHK-FM)に出演 ([テーマ]:とことん ふたりは仲良し? 5月29日~6月23日)。
2013 『クロスオーバーイレブン』(NHK-FM) にて選曲(新春、夏)。
『とことん○○』(NHK-FM)に出演 ([テーマ]:真夜中でもティーブレイク 5月28日~6月22日)。
2014 『クロスオーバーイレブン』(NHK-FM) にて選曲(新春、夏)。
『とことん○○』(NHK-FM)に出演 ([テーマ]:ポップス今昔物語り 5月6日~5月24日)。
『とことん○○』(NHK-FM)に出演 ([テーマ]:手紙の音楽 11月18日~12月6日)。
2015 『クロスオーバーイレブン』(NHK-FM) にて選曲(新春、夏)。
2016 『クロスオーバーイレブン』(NHK-FM) にて選曲(新春、夏)。
『夜のプレイリスト』(NHK-FM)に出演
『月亭遊方のロック吟遊絵巻~噺家三十周年独演会その2~』 で月亭遊方さんと対談。
FM COCOLO「The Majestic Sunday」HMV オンラインチャートの「ダンス&ソウルチャート」で解説しました。(~2016年)
2017 『クロスオーバーイレブン』(NHK-FM) にて選曲(新春、夏)。
2018 『クロスオーバーイレブン』(NHK-FM) にて選曲(新春、夏)。
2019 『クロスオーバーイレブン』(NHK-FM) にて選曲(新春)。

▲PAGE TOP

最近のアルバム解説(ライナーノーツ)

過去のアルバム解説(ライナーノーツ)はLiner notesで一覧が見れます。

ONE WORLD ONE SUN

(MHCL 2683)

HIROE SEKINE(関根 弘江)

アメリカ ジャズ界注目のL.A.在住ピアニスト・コンポーザー、関根 弘江の日本デビューアルバム。

太陽と自然美への敬意が十分に伝わってくるコンセプト・アルバム。まさに世界人HIROEの意欲作である。

▲PAGE TOP

We Got By (ウィ・ガット・バイ)

(ワーナーミュージック WPCR-14474)

Al Jarreau(アル・ジャロウ)

ジャズを下地にしたクロスオーヴァーなヴォーカル・スタイルを初めて示した稀有なアーティスト、アル・ジャロウ1976年の衝撃のデビュー作の紙ジャケ、高音質の再発盤。

▲PAGE TOP

Live In Europe(ライヴ・イン・ヨーロッパ)

(ワーナーミュージック WPCR-14476)

Al Jarreau(アル・ジャロウ)

まるで多彩な楽器のようなヴォーカル・ワークが本領を発揮したライヴ盤。

名盤の誉高い'77年の大作の、やはり紙ジャケ、高音質再発CD。

▲PAGE TOP

Dreamchaser(夢追人)

(EMI TOCP-71500)

Sarah Brightman(サラ・ブライトマン)

初めてプロデューサーをチェンジしてのターニング・ポイントの新作

英国ロックの大ベテラン・プロデューサー、マイク・ヘッジスの音楽知識の広さとエンジニアリングの伝統美も光る。

▲PAGE TOP